スペサルタイト・ガーネットについて

ヤフオクで出品しているガーネットのなかでも、頻繁に落札していただけるのがスペサルタイト・ガーネットです。その他にもデマントイドやマンダリンなどなど出品しているので、お客さまからスペサルタイトについて違いを教えてとのご質問をいただきました。

それぞれのガーネットについて当ブログの「カテゴリ: ガーネット」にまとめていきますので、ぜひご参考ください。

【名 称】スペサルタイト・ガーネット(Spessartite Garnet)
 ※スペサルティン・ガーネットとも呼ばれます。
【和 名】満ばんざくろ石
【鉱物名】-
【誕生石】1月
【石言葉】真実・友愛(鳩山さん?!)
【語 源】最初に発見されたドイツのSpessart(スペサルト)の地名に因んで命名されました。

【化学組成】Mn3Al2(SiO4)3
【結晶系】等軸晶系
【硬 度】7-7.5
【比 重】3.78-4.28
【屈折率】1.76-1.82
【 色 】明るいオレンジ色から赤色

【もっと知りたい!】明るいオレンジ色のスペサルタイト・ガーネットはマンダリン・ガーネットとも呼ばれています。しかし、本来マンダリン・ガーネットはナミビアで産出するもののみを指しています。産出地の違いにより石の起源も異なります。パッと見ただけでの区別は難しいので、特にオークションではごちゃ混ぜになっているようです。コレクションされる方は産出地まで確かめて購入することをおすすめします。

もちろんGEENでもスペサルタイト・ガーネットをお取り扱いしています。お時間あれば、チラッと覗きにきてください^^

⇒ GEENのスペサルタイト・ガーネットのすべて!

お手元でご覧いただいている感覚になっていただけるように、ほとんどの商品を動画撮影しています。ぜひぜひ、スペサルタイトの内側から湧き出るスパークルをお楽しみください!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ