キャッツアイ(猫目石)とは

私たちと猫に相性があるように、キャッツアイをご覧になって、波長の合うものに出会えることが一つの楽しみでもありますね。^^

 

光を当てて石の表面に一条の光の筋が生じることをシャトヤンシー効果(キャッツアイ効果)と呼び、これを生じる宝石をキャッツアイ・◯◯と呼んでいます。◯◯の部分に宝石名が入り、シャトヤンシー効果が見られる宝石には、エメラルド・トルマリン・オパールなど多数あります。

単にキャッツアイといったときはクリソベリルを指し、アレキサンドライトと同じ鉱物なので硬度にも申し分ありません。

 

評価のポイントはキャッツアイ効果による光の筋のシャープさ。一本の直線のようにクッキリと表れるものほど高値になります。そしてもう一つ、透明度が高いものほど高く評価されますが、ある程度内包物がないとシャトヤンシー効果が出ないので、結局は全体のバランスで市場価格が決まっていきます。

 

猫の目の様に見えることから和名は猫目石。この眼差しに魅了されるコレクターも多く、クラリティやシェイプなどルース自体は同等品質であっても、光の筋の違いによって価格に大きな差が生じるほどです。

当店GEENではミルキーなオパール・キャッツアイを少しずつ入荷できるようになりました。なかなかシャープなシャトヤンシー効果のあるものを採掘できませんが、いずれは皆さまに「いいね!」と思っていただけるものをゲットしたい!

他の宝石と同じく品質と光の筋のシャープさの割にお安くしてますので、ぜひ他店のキャッツアイ・オパールとじっくり比較検討されてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ