ハートシェイプカット(Heart shape cut)について

単にハートカットと呼ばれることも多いです。標準的なファセット数が59で、理想的な縦横比は1.1:1の縦長です。また最適なプロポーションを保つため、1.2:1よりも縦を長くしないことがポイントです。

ロマンチックな演出を助けてくれるハートシェイプ、愛のシンボルでもあることから若い女性を中心に人気があり、そのほとんどがソリテール・リング(※)のために購入されています。また小粒のセットをピアスやイヤリングにする方も多いようです。
(※)ソリテールリング: 英語で“solitaire”、一つの宝石のみをつけて装飾用の枠石がないリングのことです。

ハートといったら愛の象徴!日本でもバレンタインデーシーズンに入ると市場でも多く目にするようになります。選ぶときにはハート全体を見て、そのバランスを感じ取りましょう。1.1:1の法則をその場で調べるのは難しいでしょうから、ご自身のフィーリングを重視することも大切ですね。ハートの両サイドが滑らかな弧を描き、割れ目のハッキリしているものがいいですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ